必要栄養素

人間は高齢になっても、色々な栄養素が必要なことはお分かりだと思います。

しかし、食欲がなくて、今日はおにぎりだけとか、うどんだけというように、満腹感だけで満足していませんか?

骨はカルシウム、目には亜鉛やルティン、皮膚にはコラーゲン、関節にはヒアルロン酸やコンドロイチンが必要なように、心臓や、肝臓、膵臓、脾臓などにもそれぞれ異なった栄養素が必要です。

 

臓器別必要栄養素

ケイ素、亜鉛、ルティン、β-カロチン、銅、ビタミンC、ビタミンE、クロム
ケイ素、マグネシウム、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンK、フッ素、葉酸、ほう酸、カルシウム、ビタミンD、セレニウム、銅、マンガン、コラーゲン、ニコチン酸アシド、リン
胸腺 ケイ素、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレニウム、鉄、銅、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12
神経 ケイ素、ナトリウム、亜鉛、マグネシウム、セレニウム、カルシウム、ビタミンE,ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12
皮膚 ケイ素、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ナトリウム、コラーゲン、ナイアシン、ビオチン、ビタミンB12、β-カロチン、エラスチン、ビタミンA、パラアミノ安息香酸、DHA
ケイ素、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛、パントテン酸、ピオチン、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2
歯・爪 ケイ素、マグネシウム、鉄、ビタミンE、ビオチン、カルシウム、亜鉛、フッ素
膵臓 ケイ素、カルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛、タンパク質分解酵素、ビタミンB6、ビタミンA、セレニウム、硫黄、ヨード、ナトリウム、脂肪の分解酵素
脾臓 ケイ素、マグネシウム、カリウム、ビタミンC、ビタミンA、セレニウム、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、硫黄、亜鉛
肺臓 ケイ素、セレニウム、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンE、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅
胃腸 ケイ素、コラーゲン、コエンザイム、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンU、リノール酸、EPA、ビタミンB1,ビタミンB6、ナトリウム、マグネシウム、ジアスターゼ、イソチアネート
筋肉 ケイ素、アクチン、ビタミンC、ビタミンE、プロテイン、蛋白、ミオシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、カルシウム、マグネシウム、アミノ酸
ケイ素、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、マンガン、アセチルコリン、セレニウム、γ-リノレン酸、ビタミンB12,ビタミンB6、ビタミンE、ビタミンB17、アミノ酸、オレイン酸、コリン
心臓 ケイ素、マグネシウム、β-カロチン、ビタミンE、亜鉛、鉄、セレニウム、EPA、DHA、葉酸、カロチノイド、カリウム、ビタミンC、タウリン、リノール酸
肝臓 ケイ素、葉酸、セレニウム、ビタミンB1、ビタミンA、亜鉛、硫黄、モリブデン、クルクミン、グルチタチオン、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ナトリウム、アミノ酸、フラボノイド、グリチルルチン
腎臓 ケイ素、マグネシウム、カリウム、ビタミンB6、亜鉛、硫黄、EPA、DHA、グリニシン、ビタミンC、ビタミンE、セレニウム、ビタミンA、ナトリウム、モリブデン、食物繊維
血管 ケイ素、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、EPA、DHA、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、セレニウム、タウリン、コリン、セミミトル、大豆サポニン
内蔵六腑 ケイ素、カリウム、ナトリウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンE
血液 ケイ素、β-カロチン、マグネシウム、セレニウム、銅、葉酸、鉄、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE
リンパ腺 ケイ素、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレニウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12

こうした、栄養素をバランスよく摂ることが最も大切と言えます。

上の表から見えるとおり、

どの器官にも必要なミネラルとしてのケイ素は人体の中でさまざまな働きをしています。
1.血管をしなやかに形成し、動脈硬化を防ぐ

2.リンパ節や胸腺の働きを良くし、不良細胞の生成を抑制する

3.栄養吸収されたカルシウムを骨芽細胞(造骨細胞)にし骨細胞の形成、骨密度・骨質を上昇させるので体液の酸性体質をアルカリ体質にし、健康維持と精神力を養う。

4.人体に欠かせないコラーゲンを増殖させ、皮膚の弾力性を保ち関節も守り、骨とくに骨質を改善する。

5.細胞内のミトコンドリアを増殖し、エネルギー代謝を作り出す。

などです。

ケイ素を人体に取り入れるためには水溶性のものを取るしかありません。

水溶性にして効率的に摂取するには

・ケイ素含有の不溶性の食物繊維を腹6分目に食べて、胃の中で遺産により分解し水溶性にして摂取する。

・食物繊維食品を長期間発酵させることによって、水溶性に変換させた発酵食品、酵素食品を摂取する

・食物繊維食品を長時間煮込み水溶性にする。

・ケイ素水を摂取する

などが挙げられます。

ケイ素水について詳しくはこちら
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo 50ml 【お試しサイズ】


優れた細胞活性力 そして免疫を強化します
ハイパーUmo


お探しのものがあれば、検索してください。

Comments are closed.