腸内細菌

動物の腸内には腸内細菌が共生している事はご存知のことと思います。

人間も同じでこれらのことを腸内細菌叢”フローラ”と呼びます。

腸管の襞を広げるとテニスコート2面分もあると言われ、

そこに300種類以上で100兆個を超える腸内細菌が共生しており、

その種類やバランスは腸内の環境によって人によって異なっているのです。

この腸内細菌叢は、ひとつの臓器のような働きをしているのです。

・タンパク質や糖質を分解したり、繊維質を分解して消化を助ける
・コレステロールや中性脂肪の代謝や糖の代謝に関わる
・腸内のpHを調整し、病原菌の増殖や有害物質の産生と吸収を抑える
・発ガン物質を分解し無害化する
・有用なビタミンを産出して体調を整える
・免疫系の賦活作用

本来であればこうした働きをしていており、

有害菌から産生される有害物質は少量なので、

肝臓で無害化されています。

ところが、

偏食、抗生物質の服用、腸内の酸化などの影響で、

腸内細菌叢のバランスが崩れると腸内の有益菌が減少し、

有害菌や病原菌が増加します。

抗生物質は西洋医学の素晴らしい医薬品なのですが、

多用すると有害菌だけでなく、有益な腸内細菌類の死滅を起こすので、

使用量はできるだけ少なくするような工夫も欲しいですね。

腸内のバランスが崩れ有害菌や病原菌が増加すると、

・タンパク質を分解してアンモニア、硫化水素、インドール、アミン
 などの悪臭物質を発生させる。
・発がん性物質であるニトロソアミンやトリプトファンの代謝物が産生される。
・有害菌、病原菌の異状増殖により下痢を起こしやすくなり、
 有益菌の現象で腸の蠕動運動が不活発になり便秘を起こす。
・感染症などを引き起こすこともある

こうして、多量に産出された有害物質は肝臓の機能では無害化できず、

体内に蓄積され、総合的に高脂血症や動脈硬化、ガンなどの様々な

生活習慣病が発生しやすくなると言われます。


優れた細胞活性力 そして免疫を強化します
ハイパーUmo


お探しのものがあれば、検索してください。

Comments are closed.