腸内環境

口から食道、胃、小腸、大腸、直腸、肛門の消化器官は、

よく竹輪の穴に例えられるように、外界です。

口から入った食べ物は、腸壁から取り込まれ吸収されて、

毛細血管の中に入った時点で体内に取り込まれたこととなります。

細菌やウィルス、有害物質などが体内に入る入口の70%が腸といわれるのも

お分かりのことと思います。

有害なものを取り込むか取り込まないかということで、

腸は重要な免疫器官であることがお分かりいただけると思います。

腸内細菌のうち腸内の環境が酸化すると

ガンの原因と言われる細菌やウィルスなどと、

悪玉菌と呼ばれる腐敗菌の勢いが強くなり、

それらによって生成される有害物質

(アンモニア、インドール、スカトール)などが、

体内に吸収され、病気を引き起こすと言われています。

ですから、腸内の環境を整えることで、70%から80%の

病気から身体を守り、病気を癒すことができるのです。

現代は食の欧米化により、酸化しやすい食品で、

腸内が酸化しやすく、善玉菌の減少と悪玉菌の増大で、

有害物質が体内に入りやすくなっています。

これらが体内に侵入すると、エネルギー不足に陥り

臓器不全や白血球等が免疫力を劣化させると、

遺伝子損傷が起こり、癌などの病気が発生しやすくなると言われています。

酸化を止め、善玉菌を活性化させ、

腸内環境を正常化することが、大切です。

乳酸菌発酵食品や食物繊維の豊富な海藻類、

雑穀を毎日の食生活に取り入れることが大切です。

雑穀や海藻類に含まれる水溶性のケイ素が、

酸化を止めることはよく知られていますので、

ケイ素水などの飲料や、ケイ素を含んだサプリメントを

加えるとより良いと言われています。


優れた細胞活性力 そして免疫を強化します
ハイパーUmo


お探しのものがあれば、検索してください。

Comments are closed.